長期の費用も考える

お金費用ということはいろいろな考え方があります。複合機に必要となるイニシャルコストは大切ですが、実際にはそれだけではありません。リースやレンタルは、イニシャルコストだけを見れば中古コピー機を購入するよりはるかに優れています。ですが、それだけかといえば、そんなことはありません。長期的にみた時には中古コピー機のほうが有利だからです。

リースやレンタルは、相手の企業の所有物を使います。リースであれば新品を購入して貸してくれますが、レンタルは既に持っている自己資産を貸し出していくのが特徴です。これだけでは利益が出ないため、支払いにその分を乗せて請求されています。当たり前のことですが、長期的にみると、大きなコストを支払っていることがわかるでしょう。リースがわかりやすいですが、契約した年数の間は解約もできません。非常に大きな支払いになっていることに気が付いても、その時にはどうにもならないといったことも出てくるでしょう。

中古コピー機の場合には、こうしたコストも抑えながら、自社の資産にできるため、売りたいときにはすぐに行動に移せます。新しい機種が欲しいというときでも、わずらわしい手続きがなくなるのですから、費用とともに重要でしょう。